腸内環境

乳酸菌と呼ばれる菌とは

お腹によくきくというイメージが強い乳酸菌ですが、実際にどんな菌で私たちにどんな益をもたらしてくれるのでしょうか。
これを理解してから摂取するならより賢く乳酸菌を取り入れることができます。
実は私たちの腸の中には100兆を超える菌がいます。
菌というと嫌なイメージがあるかもしれませんが、腸の中の菌は少し違います。

善玉菌と悪玉菌に分かれています。
悪玉菌は毒ガスなどを出したりその名の通り、邪魔をします。
しかし、善玉菌に関しては悪玉菌を減らし、体が各栄養素を吸収したり、毒素を体外に放出したり、そういった点で非常に良い働きをしてくれます。

ですから、善玉菌が増えれば増えるほどいいわけですが、その点で、乳酸菌の補充が必要になるわけです。
善玉菌である乳酸菌ですが、時間と共に死滅してしまいます。
そうすると当然数が減っていきます。
また腸の中で定住し頑張ってくれているビフィズス菌も歳と共に数が減っていきます。

このことを考えると、常に補充し続けることの大切さを理解することができます。
乳酸菌は善玉菌で、体を元気に保つうえで欠かせない働きをしているのです。
ダイエット、免疫力の向上、花粉症の防止にまで、腸に働きかける以上のことをしてくれます。

このページの先頭へ