腸内環境

噂になっているトマト乳酸菌の詳細

夏の野菜といえば、トマトです。
トマトは栄養も豊富でジュースとしてもみんなに愛されています。
もしこのトマトと乳酸菌が一体化すれば、というような話が研究によって可能となりました。

それが今噂のトマト乳酸菌です。
トマトLP14乳酸菌と呼ばれていますが、日清ヨークと、東京農業大学が共に研究して発見しました。
特徴としては生きて腸に届きます。
生きて腸にとどくことで、初めて乳酸菌として力を発揮します。
ですから、このトマトLP14乳酸菌がどれほどすぐれているかが分かります。

整腸作用があるので、しっかりと排便もうながしてくれますし、同時に吸収、消化という点でも効力を発揮します。
ですから当然、乳酸菌としての務めをしっかりと果してくれるのです。
そして注目すべきはその味にあります。
動物性の乳酸菌はやはりヨーグルトなどからの摂取となると、どうしても味の好みが別れてしまいます。

ヨーグルトとかはだめでも、トマトであれば食べられる人は少なくありません。
ですからこれからコメなどに代わる植物性の乳酸菌の筆頭になることが期待されているのです。
噂のトマト乳酸菌が商品化され広がれば、乳酸菌が活躍できる幅が広がります。
誰もが美味しく摂取できるようになる日も遠くありません。


このページの先頭へ