腸内環境

腸内環境を整える乳酸菌

外国人と比べて日本人には一つの特徴があります。
それは大腸が長いというものです。
これによって何が生じるかというと、便が出にくくなってしまうのです。

ですから、腸内環境を整えることが他の国の人たちより大切になってきます。
腸は、いろいろな働きをしてくれます。
消化する働きに始まり、吸収も手伝ってくれます。
そして冒頭に挙げたような排出の機能です。

これらの機能は何によって左右されているかというと、腸にある菌によって左右されます。
面白いのが腸には乳酸菌や大腸菌を始めとする、100兆個を超える菌がいます。
彼らがすべてバランスを取り合い、働くことでこれら三つの作業がスムーズに行われます。

つまり、どれだけ意識して体に良いものを摂取したとしても、腸の中の菌がきちんと働かないと、体に吸収されなかったり、便として毒素を外に出せないことで、それが血液の中に残ってしまい、肌荒れなどの原因ともなります。
つまり、いかに菌のバランスを保たせて働かせるかで健康全体に影響を及ぼすものとなるのです。
ですから、乳酸菌などを摂取して善玉菌を増やし、よく働いてくれるように促すことができます。
そうすると胃に初めて、悪玉菌とのバランスが取れて、腸内をきれいに保つことができるのです。
ですから積極的に乳酸菌を摂取しましょう。

このページの先頭へ