腸内環境

米のとぎ汁に含まれる乳酸菌

米のとぎ汁は昔から植物の肥料になったり、あく抜きに使われたりして多くのことに用いられています。
また、人が摂取しても栄養があるのではないかと考えられてきました。
しかし、これに関しては、賛否両論ですので、摂取するかしないかという点に関しては自己責任となります。

そして最近話題になっているものの一つに米のとぎ汁乳酸菌があります。
どういったものかというと、米のとぎ汁を発酵させます。
塩と黒糖を混ぜてそれから、乳酸菌を少し混ぜて放置します。

毎日一回は意識して混ぜるようにします。
一週間ほどすると発酵して泡がでるようになります。
完成したら、成功したかどうかは匂いで確認しなければなりません。

悪臭がしたら飲めません。
捨てましょう。
しかし、甘い米のいい香りがしたら成功です。
そのまま飲むこともできますし、他の飲み物に混ぜるという方法をとることもできます。

しかも飲んで摂取するだけではありません。
他にも、酵素がふくまれていることから、殺菌作用も期待できます。
つまり、うがいや、歯磨きなどにも用いることができるのです。
乳製品が苦手で、乳酸菌を摂取できないのであれば、もう一つの方法として、米のとぎ汁乳酸菌を試してみることができるかもしれません。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。

このページの先頭へ