腸内環境

乳酸菌の効果を得れる食品やレシピ

乳酸菌の働きの代表的なものは、やはり腸を元気にしてくれることです。
腸には100兆を超える菌が生活しています。
その中には、善玉菌と悪玉菌があり、この二つのバランスが崩れるときに体に問題が起きます。

ですから、良いバランスを保つ必要があるのです。
とりわけ善玉菌が減ってしまうことは避けないといけません。
善玉菌のうちの一つが乳酸菌です。
たくさん摂取することで腸を元気にしてくれます。

腸が元気になることで、まず排便が促されます
これによりきちんと毒素を定期的に外に出すことができます。
毒素が外に出ないと体の中を巡ることになり、それが体調不良の原因となるのです。

また摂りいれた食べ物を消化し吸収する働きもあります。
栄養がたくさん含まれる食べ物をきちんと消化、吸収してくれます。
では実際にどんな食べ物に含まれているかというと、動物性乳酸菌であれば、ヨーグルト、チーズなど、乳を発酵させたものに含まれています。

植物性乳酸菌であれば、米、野菜などを発酵させた味噌、漬物に含まれています。
こういった食べ物を摂取することで、体を元気にすることができるのです。
具体的な効果としては、免疫力の向上、デトックスなど様々です。
乳酸菌の力を借りて、毎日楽しく過ごすことができます。


このページの先頭へ