腸内環境

プラズマ乳酸菌がもたらす効果

体が弱い人は免疫力が低いです。
そうなると、風邪が流行ったり、インフルエンザが流行したりすると真っ先にやられてしまいます。
免疫力の向上に運動も大切です。
体を強くするにはやはり適度な運動がかかせません。

他にもできることがあります。
それが、乳酸菌の摂取です。
乳酸菌と免疫力に何の関係がと感じられるかもしれませんが、実は大きなつながりがあるのです。

とりわけ、ウィルスに関しては、プラズマ乳酸菌が活躍してくれることがわかっています。
腸内にpDCという細胞があります。
この細胞がウィルスと戦ってくれます。
基本的に普段は無活動に近く、ウィルスの侵入時に活躍してくれます。

ここで、プラズマ乳酸菌を摂取すると、なんと、このpDCが反応して活発になります。
つまり、ウィルスに侵入されていなくても活発になるのです。

これにより、常に細胞を活性化させることができるので、免疫力を向上させることができます。
最近は多くのメーカーがそのことに気づき、乳製品のパッケージにこの名前を記載しています。
それゆえに見たことがある人も多いはずです。

たしかな効果のあるプラズマ乳酸菌を常に摂取すれば、細胞が刺激され、元気な体を作ることができます。
免疫力の向上と乳酸菌には深い関係があります。



このページの先頭へ