腸内環境

乾燥肌には欠かせない乳酸菌

胃腸の調子が悪いと顔にできものができるということを聞いたことがあるかもしれません。
どうして、胃腸の働きと肌が関係しているのでしょうか。
実は、腸の働きが悪いと、毒素がきちんと体外に放出されません。
それによりどんなことが起こるかというと、毒素が血液を巡ります。

そうすると、血液は当然顔も巡るので、それができものという形で肌に現れます。
ですから、腸の働きを活発にすることが実は美肌と密接に関係しているということができるのです。
とりわけ厄介なのが、腸内にいるフェノールという有害物質です。
こいつが、肌荒れを促進させたり、肌を乾燥させたりします。

しっかりとこのフェノールを退治できさえすれば、肌の乾燥を防ぐことができます。
この点で一役買ってくれるのが、乳酸菌です。

フェノールを退治することで、肌の乾燥を防いでくれます。
また乳酸菌は水分をためる力があります。
これにより保湿効果を期待することができるのです。

さらにもちもちした肌には欠かせないコラーゲンの生成も手伝います。
つまり、乾燥肌の人が乳酸菌の摂取を心掛けるのであれば、少しずつ乾燥肌の問題は解決されて、うるおいのあるきれいな肌を保つことができるのです。
乳酸菌でうるおいを保持しましょう。


このページの先頭へ