腸内環境

乳酸菌とビフィズス菌の相違点

ヨーグルトなどの発酵させた乳製品を購入するときに、目に留まるのが、乳酸菌とビフィズス菌です。
よく聞く菌ですが、何がどう違うのでしょうか。

結論から言うと、似てます。
両方とも善玉菌ですので、体に有効的に働きかけてくれるのです。

まず、形からいくと乳酸菌は棒状か球状です。
それに対しビフィズス菌は、綿棒状、分岐した形になっている棒状になっています。

棲息している個所に関しては、乳酸菌の方が棲息域がかなり広いです。
発酵させたもので漬物や乳製品には必ずと言っていいほど含まれています。

そして動物の腸内にも存在しています。
ビフィズス菌はというと、自然界全般に棲息するというわけではありません。

人や動物の腸内のみに棲息します。
そして酸素があると生き続けることができないという弱点も持っています。

代謝して生産する物質としては、乳酸菌は当然ですが、乳酸を生産します。
ビフィズス菌は、乳酸に加えて酢酸も生産してくれるのです。

これらのことを考えてみると、どちらも似た働きをしますが、私たち人間の体、腸のことを考えるとビフィズス菌が適しているといえます。
ですから、乳製品を買う時に乳酸菌にも注意してさらには、ビフィズス菌にも注意して購入することができます。


このページの先頭へ