腸内環境

おなかの調子を整える乳酸菌

お腹の調子が悪いときはできることがあります。
それが乳酸菌の摂取です。
腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在しています。

このバランスが崩れるときに、おなかの調子が悪くなってしまいます。
つまり、常にバランスが良い状態を保てれば問題は解決できるというわけです。

乳酸菌にはその力があります。
善玉菌を強くして悪玉菌を退治することによりリズムの良い排便をもたらしてくれます。

ですから、積極的に乳酸菌を摂取することが大切になってきます。
では具体的にどんな働きをしてくれるかというと、腸を活発にしてくれます。
腸の調子が悪いとき、排便が促されません。

それが結果として便秘となります。
便秘はそのままにしておいてはなりません。
しっかりと対策を練ることが大切です。

どうしてかというと、便秘になると、宿便がたまります。
そうすると毒素が外に出ることができないので、体の中を巡ることになります。

それが便秘がもたらす体の不調につながるのです。
ですから、毎日、意識的に乳酸菌を取り入れて腸を常に元気な状態にしておくことで、宿便をなくし、お腹をすっきりさせることができます。

この時に注意してほしいことがあります。
それは、乳酸菌には胃酸に弱いという弱点があるということです。
最近では、胃酸に負けない乳酸菌も開発されていますが、多くの種類は胃酸に弱いです。
なので、空腹時に摂るのではなく少し何か食べてから摂るのがベストです。
味噌や納豆に含まれている植物性乳酸菌http://xn--fkqz7hh16cemc8ty.com/は、和食中心の食事をしていれば自然と摂取可能なので、昔ながらの和食を毎日食べるのが理想的です。
ヨーグルトなどの乳製品で摂取する場合は食後に摂ると良いでしょう。
最近、調子が悪いのであればもしかしたら毒素が体を巡っているのかもしれません。


このページの先頭へ